1. 太陽光発電所の未来を守るメンテナンスネットワーク『ソーラーウェルネス』

製品・サービス
太陽光発電システム関連

太陽光発電所の未来を守るメンテナンスネットワーク
『ソーラーウェルネス』

ソーラーウェルネスとは

   ソーラーウェルネスは、当社が開発した太陽光パネルの検査サービスを提供する、全国のメンテナンス事業者を結ぶネットワークです。太陽光パネル製造装置メーカーとして20年以上の実績を持つエヌ・ピー・シーが主幹となり、当社の検査装置、多機能高速I-V計測システム『ラキット』や太陽光パネル屋外EL/PL検査装置『エプティフ』を用いて、太陽光発電所を効率的に、高い信頼度で検査します。検査の結果は当社が監修後、明確なレポートとしてお客様へお渡しします。

『ソーラーウェルネス』および『ソーラーウェルネス』ロゴは株式会社エヌ・ピー・シーの登録商標(第5801626号、第5815389号、第5815390号)です。

太陽光パネルメーカーと同レベルの検査を提供

ソーラーウェルネスで用いる検査方法はI-V検査とEL検査の2種類です。いずれも太陽光パネルメーカーが工場で実施する業界標準的な品質検査で、高い信頼性を有します。

I-V検査、EL検査の特長

ソーラーウェルネス加盟のメリット

当ネットワークに加盟いただくと、次のようなメリットが得られます。太陽光発電システムのメンテナンス事業を始めたいとお考えの企業様は、ぜひご検討ください。

パートナー企業様  
  • I-V検査、EL検査の検査ノウハウが習得できます。
  • パネルメーカーと同等の検査でお客様の信頼を得られます。
  • 定期的な教育・研修により、スキルを維持・向上できます。
  • パートナー企業様同士の交流や研鑽の機会が得られます。
  • ソーラーウェルネスのロゴが使用できます。

当社の検査実績は250MW(2016年10月末現在)。竣工時検査からスポット検査まで様々な場面でビジネスチャンスがあります。

検査サービスの流れ

検査フロー

検査メニュー

検査メニュー

ソーラーウェルネス教育・研修制度

ソーラーウェルネス定例勉強会/懇親会

年に一度、「パートナー会」と称した定例勉強会を開催いたします。パートナー企業全社の参加のもと、最新の不具合検出方法や不具合事例の検証、ソーラーウェルネス全体での運用面における改善点等について発表や議論を行い、技術の向上やノウハウの共有に努めます。また、勉強会の後には懇親会も開催いたします。
2016年は11月14~15日に開催する予定です。

ソーラーウェルネスニュースレター配信

2016年6月から、パートナー企業の皆様に向けてニュースレターを配信しております。当社で実施した最新の検査実績や不具合事例の紹介、検査のワンポイント解説、および世界の太陽光発電や再生可能エネルギーの業界ニュース等、毎月情報満載でお届けします。

ソーラーウェルネス導入研修

ソーラーウェルネスパートナー企業様に対する導入研修として、当社松山工場に設置した太陽光発電システムやデモ用システムを用いて、ラキットおよびエプティフの検査実習を行っています。事業の運用方法、解析方法の説明をはじめ、様々な実技、講習を取り入れた3日間の研修となります。
終了後は筆記試験を受けていただいた上で修了書をお渡ししています。

【導入研修の様子】
研修の様子

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

環境関連営業部
松山工場 (TEL:089-946-6606)
東京本社 (TEL:03-5817-8830)

メールでのお問い合わせ

以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

PAGETOP