NPC Incorporatednow loading...


CROSS TALK

SESSION 03同期世代対談
Change & Progress

これからを担う中堅の世代からみる、自分たちのポジションと使命とは。

小池 辰明
小池 辰明
Tatsuaki Koike

設計部

桃井 健次
桃井 健次
Kenji Momoi

電気設計部

永野 里奈
永野 里奈
Rina Nagano

松山管理部

黄 元媛
黄 元媛
Huang Yuanyuan

事業管理部


Voice01
肌で感じるエヌ・ピー・シーの良さとは

永野私が働いて実感したのは「組織の良さは人で決まる」っていうことで。うちの会社は本当に人の良い方が集まっているなと思うよね。

小池良い事言うね。僕たちの仕事って、一人では決して完結できない業務じゃない?だから日々のコミュニケーションや連携がすごく重要だよね。先輩は後輩のことをよく見てくれているなと感じるし、後輩も先輩のことを良く見てるよね(笑)今の部署に異動をしたのも、キャリアについて悩んでいる時に上司にきっかけをもらって。それが結果的に本当に良かったと実感できるし、導いてもらった分頑張らないとと思うんだよね。

困っている人を助けるのに、年功序列や部署は関係ないって言う感覚はあるよね。仲が良いからそうなっているのか、結果仲良くなったのか、どちらが先かは今となっては分からないけど、部署年次関係なく頼れる人が周りにたくさんいることはとても大きい。

桃井単純に仲が良いだけじゃなく、関係にメリハリがあるしね。働くときは働く、遊ぶときは全力で遊ぶ。それがエヌ・ピー・シーのチームワークや、今の成長に繋がっているんだろうね。まさに組織=人だね。

永野もちろん必要な時には厳しいことも言ってもらえるし、悔しいこともたくさんあるけど、それがすべて経験として自分に返ってくるし、そのおかげで自分自身もここまでこれた気はする。だからこそ今の自分がある。

小池あとこれは外の人から見ると、意外に思われるかもしれなけど、社長や取締役との距離感も近いよね。気になることや確認してもらいたいことがあれば、すぐにやり取りもできるし、この規模感からは想像できない距離感でコミュニケーションできる環境っていうのはとても素晴らしいことだと思う。

Voice02
中堅を担う世代としての役割

小池今回のテーマが「中堅の世代からみるエヌ・ピー・シー」っていうことなんだけど、いきなりぶっちゃけると、自分自身が中堅世代であるという自覚が僕は無くて。みんなはどう?

私も正直、「会社の中堅を担う世代です。」っていう感覚はあまり無いかな。

桃井中堅世代っていう言葉自体、あまり言われたことも無い気がするよね。

小池そうだよね(笑)でも、年次が重なるに連れて、会社から求められることや、期待をされることは増えてきた感覚はあって。その中で、30代の自分の成長を、どうこの会社でリンクさせていこうかと考える時間は増えてきた感覚はあるんだよね。部署はみんな違うけど、そういう感覚はある?

永野そうそう。今までよりも領域を広げて貢献していくっていうところに新人の頃にはなかった立場の自覚というか、自分自身の役割みたいなものはあるよね。

桃井確かに、それはある。最近自分の中での変化として「引っ張られる側」だけではなく、「引っ張っていく側」というか、問題提起を自らも組織に対してしていく必要があるなと思い始めて。自分自身の働き方に変化を起こさなければいけないと考えているかな。

私も桃井さんと近い感情を持っていて。これまでは与えられる業務をしっかりと確実にこなしていくことに専念している時間が長かったけれど、組織に長くいる中で、自分自身が「ここはどうなんだろう?もっとこうなればいいのに」と思うことも増えてきて。今までは必死だったから、あまり客観的に周りをみることができなかったけれど、そういった気付きに対して、行動を起こしていかなくちゃいけないって思い始めてる。

小池今もまさにそうだけど、これから事業の拡大や多角化によって、新しい変化がエヌ・ピー・シーには起こるよね。だから環境も変わる。これまではその変化の波に対して、自分たちは見ているだけ、乗っているだけという感覚もあって。でもこれからくる変化の波には、自分から乗りこなしにいきたいっていう気持ちがある。

桃井率先して変化を作りにいきたいよね。

永野私はそれに対して、自分たちが「できることをやる」だけじゃなくて、「やりたいことやすべきことに向かって動く」そのモチベーションが必要なのかなと思ってるね。

桃井とはいえ、まだまだ未熟というか、もっと能力を上げなければという気持ちも同じくらいあるんだけどね(笑)

小池だからこそ、もっと頑張って結果も出して、給料も上げたいよね(笑)

一同上げたい!(笑)

小池一人ひとりの結果や努力に対して、正当に評価をしてくれる会社だから、もっと挑戦して、自分自身も成長させていこう。

  • マイナビ
  • キャリタス就活
  • 理解ナビ

PAGETOP