NPC Incorporatednow loading...


Interview

装置製造部
勤続8年目
本田 清志郎

常に万全で備えること。それが自分のルール。

voice01

頼り頼られ、距離感の近い人間関係がとても魅力的。

装置製造部として8年間変わらず働いてきましたが、自分のスタイルは「楽しく、一生懸命やる。」これに尽きます。ただ、変わらずそれを続けられているのは、会社の「人」の要因がとても大きいです。他の会社も経験しているからこそ言えることですが、エヌ・ピー・シーは上下関係もなく、人として信頼できる方がとても多い会社だと思います。お互いに分からないことを頼り合う文化も強く、仕事に向き合いやすい環境です。
仕事も方法論から任せられることも多く、とても自由があるところにもやりがいを感じます。もちろん結果を出すことが最重要ですが、試行錯誤してトライできるからこそ、ここまで成長もできたんだと思います。
しかも仕事だけでなくプライベートでも、休日にみんなでバーベキューをしたり、アウトドアに行ったりもするんですよ。休日も同じ職場の人と過ごすことが当たり前にできる環境は、改めてとても素敵なことだと思いますね。

voice02

座右の銘は、「塞翁が馬」。

「塞翁が馬」という言葉を知っていますか?
「いいことも悪いことも、人生の幸不幸は予測できないものだ。」という意味なんですけど、まさにこの考え方が私のアイデンティティになっています。先のことは分からないが故に、今のうちに何が起こっても大丈夫なように準備しておく。常に自分に起こる機会に備える。
お客様あっての仕事だからこそ、何か困ったことがあればいつでも対応できるようにしていたいと思いますし、解決できることの範囲をもっと広げていきたいですね。

voice03

「いつでも頼れる自分になる。」それが目指す自分。

これは制度的な話になるんですが、社員の成長のために資格や免許等を取ろうと思った時に、そのチャレンジに会社が補助をしてくれるんです。これはとてもありがたいことで、私も以前に「電気工事士」の資格を、この制度を生かして取らせてもらいました。補助をいただいている分、絶対に落とせない!というモチベーションも湧きますね。
さらに今は「電験(電気主任技術者)」の資格を取りたいと考えています。現業務には直接関係のないことも多いんですが、1人の人間として知識や能力を蓄えたいという想いと、今後もし会社でその領域が必要になった時に、すぐに自分がカバーできればという気持ちもあります。誰かが困った時に頼られる存在になれるように努力し続けたいと思います。

ANOTHER
INTERVIEW


PAGETOP