メニュー

会社情報 - 【株式会社エヌ・ピー・シー】FA装置メーカー・太陽光パネル関連サービス

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ

NPC

  • 不要なパネルを売りたい・処分したい方はこちら
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • 日本語
  • English

企業方針・代表挨拶

我々は、もの創りを通して、自然と社会と人間に必要とされる企業を目指します。

企業方針

代表挨拶

 

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

2020年は新型コロナウイルス感染拡大という大きな危機に見舞われ、いまだ収束の目途は立っていません。ウイルスとの共存が模索される中で、社会、経済、仕事の仕方、生活様式まで様々な面で世界は変化していくと思われます。また、今年も大きな豪雨災害が発生し、今後も地球温暖化の影響もあって災害は残念ながら増えていくであろうと予測されています。このような状況の中、世界的に再生可能エネルギーの普及が拡大傾向にあり、日本でもベースロード電源の比率向上や送電網の見直し等、直近特に重要性が認識されています。

 

当社は太陽光パネルの製造に必要な装置を四半世紀にわたり提供してまいりました。

今後も蓄積した技術と経験を生かして米国の太陽電池メーカーを中心に他社にはできない品質の高い製品を提供してまいります。

太陽光発電所の検査サービスについては、全国のパートナー企業とのネットワークを活用して累計2GWを超えました。適切な検査は安全面と発電量確保のために重要であり、ネットワークの強化と検査範囲を広げ、今後設置・稼働予定の発電所の使用前自主検査や既に稼働済みの発電所の定期検査の実績を積み上げてまいります。

代表取締役社長 伊藤雅文


太陽光パネルは多少の発電能力の低下はあれど20年、25年発電し続ける長寿命の製品です。しかし、災害でダメージを受けたパネルの中にはまだ使えるにもかかわらず廃棄処理されているパネルがたくさんあり、これは非常に無駄でありかつ環境へ負荷を与えています。国内のみならず海外に安価なパネルが求められる需要がたくさんあるので、使用できるパネルを発掘して必要な地域へ繋いでいます。使用できないパネルはリサイクルするか、せめて適正な産廃処理をすることが環境にとって重要です。それに向けて当社はパネルをリサイクルするための解体装置を提供すると同時に、松山工場の地元である四国内で発生したパネルを自社で、それ以外の地域ではパートナー企業とのネットワークで、リサイクルまたは適正な産廃処理を請け負っています。『使えるものは使う、使えないものは適正に処理する』これがすべてにおいて環境負荷低減につながります。

太陽電池関連以外では、他業界へのFA装置の提供を引き続き行っております。また太陽光パネル以外の廃棄物処理、リサイクルに関連する事業も開発してまいります。

 

冒頭のとおり、社会、環境ともにこれまで以上に変化していくでしょう。何が起こるか予測できないなか、当社は、『常に変化に対応し、かつ環境を意識して』事業を運営することにより、継続的かつ成長性のある企業を目指してまいります。

 

代表取締役社長 伊藤雅文

2020年9月

代表取締役社長 伊藤雅文

Copyright © NPC Incorporated. All Rights Reserved. login