メニュー

太陽電池用直流安全検査装置『DC Fault Tester (DCFT)』 | 株式会社エヌ・ピー・シー

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ

NPC

  • 不要なパネルを売りたい・処分したい方はこちら
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • 日本語
  • English

太陽電池用直流安全検査装置『DC Fault Tester (DCFT)』

太陽光パネルの検査装置

太陽光発電システムの故障位置をこれ1台で瞬時に特定

DC Fault Tester (DCFT)

DC Fault Testerの特徴

*BPD: バイパスダイオード

製造元:新栄電子計測機器株式会社
AISET技術の提供、DCFT販売:オムロン株式会社

DCFTの特徴とNPC独自の集計ソフトについて

4台の計測機器を1台に集約

4台の計測機器を1台に集約

4台の計測機器を1台に集約

1台に集約する事でメリット満載

  • 小さくて軽い
  • 運搬時もコンパクト
  • 作業時の持ち替え不要
  • 4台より1台がお買い得さらに校正等の管理費も削減
1台に集約する事でメリット満載

*1)ストリング内のパネルの故障位置を特定するものです。パネルごとの断線箇所を特定するものではありません。
*2)従来の絶縁抵抗計は電圧印加型ですが、機器の保護および作業者の安全確保のため、本製品は地絡抵抗測定によって絶縁性を確認しています。

太陽光パネルの故障位置特定が可能

1)ストリング単位 2)パネル単位 で計測が可能です。

計測例

接続箱のP-N-GND間で判定できるため、モジュールごとの計測は不要

モジュールごとの計測は不要

独自の集計ソフト*で自動的にレポート発行

レポート

* 集計ソフトウェアはオプションになります。

スタイリッシュで頑丈なハードケースでお届けします

ケーブル等の付属品はケース内の上蓋スペースに収納スタイリッシュで頑丈なハードケースでお届けします

さまざまな測定モードで簡単に故障位置を特定

測定モード 測定モード 測定モード

ワンプッシュ操作で自動計測

ワンプッシュ操作

天候に左右されずに点検が可能

天候に左右されずに点検が可能

高精度のため、発電量の少ない曇りの日や夕方なども検査が可能です。
※バイパスダイオードのみ、夜間もしくは遮光状態での計測となります。

その他の特徴

* メガソーラーでも住宅でも、幅広く活用可能

仕様

本体仕様

※スワイプでご覧ください ←←←

表示部カラーTFT-LCD 4.3型
寸法
(W)x(H)x(D)
166mm x 265mm x 69.5mm
(突起部除く)
質量約2.0kg(電池搭載時)
電源単二形アルカリ乾電池 4本
稼働時間約5時間
内部メモリ2,000データ*
データ出力USB2.0
付属品日常点検専用ケーブル、USBケーブル、測定用プローブ3本(ピン:黒赤各1本、ワニ口:緑1本)、キャリングケース、ショルダーストラップ、単二形アルカリ乾電池4本、校正証明書

*複合測定(地絡+断線)時は、1測定で2データ分のデータ保存

計測仕様

※スワイプでご覧ください ←←←

測定項目開放電圧地絡抵抗直列抵抗BPDの順方向電圧(Vf)
測定条件日中(日射量100W/m2以上推奨)夜間(開放電圧20V以下推奨)
測定単位パネル、ストリング
測定範囲DC0.1V~1,000.0V50kΩ~2,000kΩ1Ω~1,000ΩDC0.1V~69.9V
位置検出範囲-最大25直列最大20直列(PN接合タイプ)
最大25直列(ショートキータイプ)
位置検出精度-測定枚数の±10%

※各検査を行う際には、パネルの開放電圧および直列枚数の入力が必須となります。
※複数の障害が発生していた場合や、ケーブルが長い場合、測定結果が正しくないことがあります。

Copyright © NPC Incorporated. All Rights Reserved. login